印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


新南陽若山ライオンズクラブ since 2014-07-03

LC1.jpg会長 澤重 敏郎(2015・7~2016・6)

青年の心と地域貢献で We Serve

 新南陽若山ライオンズクラブは、1990年3月14日に「新南陽ライオンズクラブ」をスポンサークラブ(親クラブ)として結成され、
336D地区の105番目のクラブとして認証されました。私ども新南陽若山ライオンズクラブは結成以来、目の不自由な方のた
めのアクティビティを柱として、地域の皆様方のご協力を頂きまして、アイバンクチャリティを開催。また、15周年を契機に盲
導犬育成のための事業を加え、愛の光と盲導犬育成基金チャリティショーとして21回を迎えることが出来ました。九州盲導
犬協会のお世話で、盲導犬のスポンサーとなり、下関の木村さんに盲導犬を貸与することが出来ました。また、知的障害者
更生施設つくし園&特別養護老人ホーム福寿荘で行う春の福祉祭り、護国神社での地域子供会対象の青少年奉仕活動
実践の若山塾や盲導犬使用者の会(双葉の会)のサポート等、少人数のクラブながら精いっぱいの汗を流した奉仕活動に
励んでいるところです。
 会長の大役を引き受けることになりました。少人数のグループでありながら「アイバンク活動」を中心に、「福寿荘祭り」と名
付けた福祉施設への奉仕、青少年健全育成の場所に護国神社を道場と位置づけされ計画された「若山塾」に献血等諸先
輩方の活動についての功績や実績を振り返ってみれば責任の重大さを感じています。活動内容は、アイバンク運動を中心
とした継続事業になりますが、『去年と同じ、去年の続き』にならないように、新南陽若山ライオンズの総力でまい進すれば
必ず「奉仕先と地域の方々」に信頼される奉仕活動に進んでいけるものと信じています。



moudouken.jpgアイバンクチャリテ-

CAR.jpg献血・検眼活動

temple.jpg青少年育成若山塾

springfes.jpg春の福祉祭り

kh12.jpg若山ライオンズ組織図

kh8.jpg若いあなたを・会員募集